【葛尾村】郷土料理お披露目会を開催しました

梅雨空の広がる6月22日、葛尾村の活性化センターにて、郡山女子大学の学生12名と講師1名を招き、郷土料理のお披露目会を開催しました。

この日作った料理は次の5品です。
1.五目おこわ
2.けんちん汁
3.お煮しめ
4.ふき炒り
5.かしわ餅

13名がそれぞれ作る料理ごとにチーム分けして調理開始。

最初はどことなく緊張していた表情も徐々に打ち解け、中盤からはあちこちから笑い声が聞こえてくる和やかな雰囲気で進んでいきました。

およそ1時間30分ほどですべての料理が完成。盛り付けをしてみんなで頂きました。

これからも、あぶくま地方の郷土料理を後世に伝えていくべく、若い人たちに郷土料理と触れ合う機会を創出していけたらと、思っています。

▲ふきの皮を取る作業。根気のいる地道な作業ながら、友達とお話ししながら楽しいひと時。

▲かしわ餅の生地を丸める作業。みんな笑顔で楽しそう。

▲お話に花が咲きました!

▲「おいしくなーれ」とおまじない(笑)

▲五目おこわが焚き上がり。

▲かしわ餅も出来上がりです。

 

▲出来上がったお煮しめ。

▲出来上がった具だくさんなけんちん汁。

▲みんなで皮をむいて一生懸命につくったふき炒りも完成。

▲ふき炒りをお皿に盛り付けて、はいポーズ。

▲お煮しめもお皿に盛り付けて、テーブルへ。

▲自分たちで作った郷土料理を、思い思いに味わっていました。

▲食後にみんなで記念写真。

▲玄関先でもう一枚。楽しい一日でした!